« 英断チカテツな夜 | トップページ | ああ、一週間。 »

2008年11月15日 (土)

やっぱり蕎麦が好き。

まずは報告。このブログのきっかけともなった「差し入れへの逆指名」だが、さほど効果が無かったと思われる。芋全量の1升瓶を名古屋で頂いた時はときめいたが、後はどっこいどっこい。米麹入りの芋がやはり大半を占めている。若干、麦(基本は麦100%だもんね)が多かった気もするが、何せ待望の「蕎麦全量」が皆無。そろそろ最初の(実際はナンバー002)必見公告もココのサイドのメニュー表示から消えるから、時々は書かなくちゃいけないのかなぁ。でも実際の本公演は5月の名古屋まで無いしなぁ…。てなわけで、稽古場からくすめてきた「二階堂・吉四六(きっちょむ)」を飲みながら書いてます。名古屋での6時間仕事の帰り、JR西岐阜駅のATMから「例の口座」に泣く泣く6万円を入金。これで年内は凌げるはずだ。でもギリギリを振り込んだから、この通帳、2桁残金で年越しかも。そういえば劇作家協会東海支部からのイベント借入金の10万と、昨年の戯曲セミナー発表会の役者2人へのギャラも未払い(ていうか早い話ある種の使い込み)のままだ。嫌なことを思い出した。もう少し待ってね、山田君、中尾君、ニイミ君。明日の土曜は(明けて今日か…)戯曲塾のダブルヘッダー。明後日(日曜ですね)が演出者協会のトーク系お仕事。流山児さんは何度会っても緊張する。想さんとは160度違った緊張だね。そうそう、戯曲塾(長久手)に関しては東京公演中の、確か11月6日だったかな?、朝日新聞(中部版?東海版?名古屋版?)の夕刊に寄稿記事が載ったので、興味のある方はバックナンバー検索を。

|

« 英断チカテツな夜 | トップページ | ああ、一週間。 »

生活のつぼやき」カテゴリの記事