« 老化は走らない・歯の話① | トップページ | 消耗し続ける男達へ。 »

2008年12月17日 (水)

抜けた歯の 分だけ人に 優しくし…

抜けた2本の前歯について、いろいろ心配のメールをいただいた。中には「歯医者に行く前にぜひ見てみたい」って類のものもあったけど…。悪いけど、じゃあ、と言って写真を撮ってココに載っける(実際やり方知らないし、ココはただ単に文章の垂れ流しで続けたいのさ)ほど間抜けではありませんので。歯抜けではあるけど。そういえば昔、僕が留守電のオリジナルメッセージに「ただいま出抜けていますので…」と吹き込んでおいたら、制作の女性から「なんか腑抜けに聞こえるから変えたほうがいい」と指摘を受けたなぁ…。あ、そうそう、このブログはコメントもトラックバックも今のところ受け付けていませんので、何かモノ申したい人は面倒ですが僕の個人メール「anc37244@niftyどっとneどっとjp」(こう表記したほうが自動迷惑メールが減ると知り合いに教えられたので…うーんタメになるなぁ)まで送ってくださいね。で、歯の方は木曜の朝一に予約が取れた。明日じゃん。うーん憂鬱。月曜の大学と昨日の打ち合わせは、風邪気味ってことも言い訳に基本外出時はマスクをはめて過ごした。マスクをして眼鏡をしていると、自分の呼吸で眼鏡が曇る。4秒ほどで曇りは消えるが、無意識にそれに合わせて、つまり曇りが消えるまで呼吸を止めるので、かえって疲れる。何より、外見とか笑顔に自信が持てない中で人とコミュニケーションを持つことは、常に自分の小ささを確認しているようなことなので、とても客観的に仕事がこなせている。コレはなかなか面白い経験。もちろん見せはしないが「実は前歯が…」とちゃんと告白はしているわけで、大学の女子学生に「それで台本書いてくださいよ」と言われたが、ちゃんと歯抜けがモチーフのネタは一つ作ったもんね。転んでもだたでは起きないのだよ、劇作家って人種は。にしても昨晩、打ち合わせの食事会で飲んだ地ビールはさすがに美味かったなぁ。忘年会の予定も後半戦。土曜に戯曲塾のがあって…ああ、劇団のアトリエ泊り込み忘年会が29日。僕が企画する恒例の「年間観劇ベスト10クイズ」も考えなきゃ。でも今年は年内にまだ3本観る予定なので、まだいいか。

|

« 老化は走らない・歯の話① | トップページ | 消耗し続ける男達へ。 »

生活のつぼやき」カテゴリの記事