« 定番な記念日、お決まりの日常 | トップページ | チワカさんの記念日。 »

2009年2月27日 (金)

羞恥の想いは螺旋して…

いやいや…連日、それも24時間を明けずに更新するなんて、滅多に無いことなんだけど、ちょっと忘れないうちに、メモがわりに書き込ませていただきます。今、戯曲塾の発表に向け、作家と最終の台本現場修正に関して、いろいろコンタクトを取っている時期で(僕はすっかり眼鏡派ですが…あ、かえって混乱するか、このボケは…)稽古の帰り道、携帯であーだこーだと作家と話しながらロンリードライブをしていたわけっすよ。んで、家について、軽くアルコール飲んで一息入れてたら、急に先ほどの電話の件で、言い足らなかった事柄について、新しい論理展開と、それに付随する適切な文言を思いついたのね。どうも朝になったら忘れそうで、何とか伝えたい。や、忘れそうってのは口実で、「早く言いたい欲求」が睡眠欲より勝り、朝を迎えるのは明白だった。そこで、さすがに深夜だから、と思って携帯メールを打った。結構長く、結構真面目に。んで、脳が満足して、さてと入浴するかと思った矢先、メールの返信が…。見れば「承知しましたwink大丈夫ですgoodお疲れ様upwardright」のような返信。まさかlこんな時間に起きているとは…僕は急に恥ずかしくなって、穴があったら入りたい心境になったのだ。さて、どうして僕は恥ずかしくなったのでしょうか?……いやいや、クイズではなくてね……実際、どうして恥ずかしくなったのかが、自分でも暫し合点がいかなかったのだ。だってたかがメールだろ? 恥ずかしさを覚えるほどの距離感ではない事を最初から判っているだろうに…って思いがあった。んで、数分間マジで考えてやっと判明。そうなのだ、これはあの「留守番電話への吹き込み」現象に似ている。てっきり相手が居ないと信じて留守電に長々と吹き込んでいる途中、急に相手が「ふーん、そうだったんだぁ~」と会話をしてきた感覚なのだ。てっきり相手は寝ていると信じて、客観性を盾に、今すぐは読まれない(聞かれない)はずの文章を、実に真面目に「書き言葉」(留守電なら伝言)として記していたら、急にライブの、いわゆる会話に持ち込まれた感覚。悦に入ってモノローグしてる最中に、「誰に喋ってんだよ?」と尋寝られたような後味の悪さ。それだったのだ…。これは発見だ。少し書き言葉としてのメールを甘く見ていたのかも知れない。メール文化は日々進化している…いや、違うな…メールによって、我々の言語感覚、もしくは会話の性質も、どんどん変化しているのだ。…なんて事を考えながら、「誰かにふとした発見を伝えたい欲求」が、この書き込みによって満たされて…今度こそ真面目に眠りに入りたいと思います。

|

« 定番な記念日、お決まりの日常 | トップページ | チワカさんの記念日。 »

生活のつぼやき」カテゴリの記事