« 選択肢を減らすシンプルライフ | トップページ | 土地に柵するバカよりは… »

2009年4月 1日 (水)

年度末の善き日に…

まさに年度末最終日の昨日、劇団内結婚のもろもろが終わった。思えば劇団のスキルの総決算ともいえるイベントなワケで、さすがにこの日だけは「早く戯曲を」という声は聞かなかったなぁ…。ま、劇団員も演者に受付に司会にスタッフにと大わらわだったから、そんな暇が無かったのかも知れんけど。遠方から掛けつけてくれた小堀さん、高澤さん、はしぐち君なんかも最後の3次会まで付き合ってくれて。披露宴の前のチャペルウエディングの時、アチラの神父さんの日本語が結構タドタドしくて、よく聞き取れなかったな。いろいろ式には呼ばれているけど一人ぐらい「オー、アナタは新婦さん。そして私も神父さん!」ぐらいのギャグを飛ばす太っ腹は居ないのだろうか? いないか…。披露宴のテーブル担当のイケメン君の滑舌がなんとも酷くて、何度か突っ込みを入れたが笑顔だけは完璧で…思わず帰り際に慰めてしまった。音響オペの彼女は実に優秀。ぜひ劇団のスタッフに誘いたかったけど、機を逃した。さて、やっと怒涛の1~3月期のマジックが全て消えうせ、いよいよ新作に挑ばねばなるまい。「河童橋の魔女」。実は披露宴の選曲を試行錯誤していた1週間前、ふと気まぐれな「演劇の神様」が30分だけ降りてきて(つまりはかなり飲んでたわけだけど…)物語のエッセンスがすべて羅列されたのだ。僕は今までの経験上、これは逃すまじと思い、メモをした。今回は出演するキャストの数にまで対応した啓示だった。これに従って、後は会話に仕上げていけば戯曲なんてすぐに出来てしまうのだ。よっしゃ! ぼちぼち書いたろか? このブログをアップして、カメの水を替えて、来週の生活予定を整理して、机の上とワキを整理整頓して、春休み中の愚息と公園で遊んで、そして何より、神様が降りてきた時の大事なメモ、数日前からどうにも見当たらないあの貴重なメモを、ナウシカのフカイのような我が書斎から見つけ出したら書き出すぞ! 思えばこのブログもだんだんペースが落ちてきた。3月なんか3回しか更新してないではないか! いかんいかん!……と言うわけで、やっぱ二日酔いの乗りで(乗るなよ…)書く文章はダメだな。僕はこのブログを読んでいてくれる全ての人たちを公平に愛しています! ま、エイプリル・フールだし! ……少し寝ます。

|

« 選択肢を減らすシンプルライフ | トップページ | 土地に柵するバカよりは… »

生活のつぼやき」カテゴリの記事