« 既に半減期を超えて~禁煙ライブ② | トップページ | ご無沙汰の言い訳としては…~禁煙ライブ④ »

2009年6月25日 (木)

最後のアガキは誰がしてる?…~禁煙ライブ③

正直に結果から書こう。まだ出来てません。そう禁煙。役者急病のアクシデントで始まった伊丹公演を無事に終え、49歳の誕生日もサクサクと過ぎ、本来なら今頃「禁煙して3日目」のはずなのだが……流石に30年の習慣蓄積はなかなか手強いですなぁ…。ああ、もちろん断念はしてませんよ。正確には6月21日(禁煙Xデイ前日)から、ずっとニコチン95%カットの「NO,31」を使い続けている(詳細は①②を参照)。そして、ここが肝心なのだが、今使っている95%カットのパイポで十分満足しているのだ。戻りたくない。もちろんパイポを装着しないで吸うなんて、今では考えも及ばない。つまりこの離煙システムの「1ヶ月で無理なくニコチン依存から遠ざかる」に対しては、実に順調に最後の場所までたどり着いた真面目な生徒なのである。そしてこの「95%カットなモノ」が十分美味いコト。この事実が、逆に最後の一歩を阻んでもいる。今までのプロセスの「成功」が、禁煙と言う最後の現象には「ブレーキ」になっているのだ。僕は今、実に複雑で逆説的な対場に立っているわけである。思えば確かに予感はあった。新しい番号に、つまり前日より3%多くカットされているパイポに、最初の数時間は「物足らなさ」を感じるのだが、午後には全然満足しているコトの連続だった。そして今「最後の31番」が美味いのだ。パイポは洗えば何度でも使用が出来る。ほら「出口」が見つからないでしょ? ニコチンの中毒性から言えば「95%カットで日々が過ごせるなら、既に常習性からは開放されているはず」と言うのだが、いやいや、美味くて吸いたくなる以上、そこには微かながらも薬物的な依存性が残っている気もする。でも…でもね…僕の体質が少しずつ変わってきてるのも確かなコト。そちら側も報告しておこう。当初禁煙設定したXデイを超えて吸っているコトへの、言い訳の一つに「これで終わりと決めて買った煙草が吸いきれてない」ってのがある。もちろん専門家(?)に言わせれば「さっさとゴミ箱に捨てろ」だろうが……まあまあ、もう少し聞いて欲しい。あれはまだ20番台を吸っていた頃、今までの一日の平均喫煙本数と残り日数から計算して「これが最後の煙草購入」とばかりに近くのアピタでカートン買いをしたのだ。「ライターお付けしますね」と言う店員を、余裕の笑みで断り、伊丹の旅公演に持ち込んだ。そして、ちょうど誕生日に終わりのはずが……帰宅後の今もまだ、結構残っているのだ。つまり、知らず知らずのうちに「一日に吸う本数」が激減していたのだ。そもそもが「毎日新しいパイポさえ使うなら、一日何本吸っても良い」というユルユルなルール。吸いたくなったら吸う、の原則を一度も我慢したことはない一ヶ月だった。ゆえに「吸いたくなる」回数自体が減っていることになる。これってちょっと凄くね? 3%減を続けていた時、興味をもった喫煙組の知り合いが「どうせ1日の本数が3%増してるんだろ?」と言っていた。僕もそれはあると思っていたので、コレには素直に驚いた。思うに……①いちいち吸う時にパイポを装着するから「気付いたら火をつけていた」ってコトは無くなる。②さらに、喫煙行為を毎回強く意識(記憶)させられる、わけで、①と②の相乗効果により、本人は「さほど減っていない」と信てたのかもしれない。これらの発言自体を、きっと今までの僕の傍若無人な吸いっぷりを知ってる人は、驚いてくれるだろう。だって「あの僕」が、火をつける前に「今本当に吸いたいかな?」と自問し時々止めてみたり、2~3時間の外出なら煙草を持たずに出かけたり、朝の目覚め後と食後を試しに30分我慢してみたり、などなどを結構楽しんでトライしてるのだ。使用しているパイポは、ニコチンのカットと同時にタールがパイプ内に残る仕掛けもある。パイポを掃除する時、ネチャネチャと指に絡まるこの黒い悪臭の塊を、流石に積極的に肺に入れたいとは思わない。ただまぁ、何にしろ、今後、完全禁煙までには「僅か0,005のニコチンへの依存」か「ただの歴史的習慣依存」かのどちらかに、最後の勝負を挑む時期がやってくる。机上に残された「吸い残し」の煙草は69本。今、全てにナンバーを書いてみた。せっかくの最終段階、貴重な実験記録だからな。いっそ新しいルールでも決めてみようかな…それが結局、ハードルを挙げて、全て水泡と帰すコトになったりして。ははは。…それならそれでもいいか…なんてね。実はそんな自分もまだまだちゃんと居たりしてね。ギリギリまでゼロに近づけていく行為、もしくはそのプロセスを楽しみ、自分を試す喜びと、本当に最後の最後に「きっぱりお別れをする」コトって、きっと全然違うんだろうからな。もしかしたら「この31番パイポ」を今後何年も使い続け、結局肺がんで苦しみながら死んだ劇作家のエピソードが通夜なんかで密やかに語られるかも知れないしね。何にしろ机上に残ったマジックナンバーは取り合えず「69本」。一つの大きな区切りになるだろう。最新の計算式だと28日(日)の夜辺りかな? 遅れても来月に及ぶことはないだろう。

|

« 既に半減期を超えて~禁煙ライブ② | トップページ | ご無沙汰の言い訳としては…~禁煙ライブ④ »

英断チカテツ」カテゴリの記事