« 天津飯をめぐる冒険 | トップページ | 何年ぶりかに「世に問う」気分… »

2010年5月29日 (土)

「またつまらんモノを…」完成しました。

劇団員のブログをチラホラ見てると大体が「まだ台本が上がっていない…」とか「公演近いのに…この先は書けない」系で終わってるモノばかりなので、取り急ぎ(制作的なイメージ向上も願って…)、記しておこうと思うのだ。「3日前にあげましたよん」。きっと彼女らも、一気にドバッと書き上げたので、流石にブログどころではなく更新されていないとは思うのだが…ちゃんと完成しましたのでご安心を。公演初日の2週間前かぁ…ま、ギリでんな。コレを1日でも過ぎると稽古場での「お疲れ様乾杯セレモニー」はなくなるそうで、かろうじて間に合い、ノンアルコールビールで祝っていただいた。まだまだ書き換えの嵐だけどね。へへヘ。別にどうしても祝ってもらいたいわけでもないのだが、まあ、劇団員の安堵の顔が肴である。今回は劇の内容に実に触れにくい作品で、全てがネタばれに繋がりそうなので、それはご勘弁していただきます。とはいえ当初の目的だった「ジャブジャブらしくない、本気でダルイ作品」には少しだけ近づけた気がする。どうか片意地張らずに観に来て下さいませ。この後すぐ外部書き下ろしの完成に向けて執筆の嵐は続くのだが、ま、10月のスズナリ公演まで、約半年間の「大人のおもちゃ」を一つこしらえた気分である。想さんも故郷の大津で落ち着かれ、ブログも再開したようだ。いつ遊びにいけることやら…。てなわけで、実は「月1は最低限守りたい」というブログ更新の公約を、何とか死守したような書き込みですいません。こういう繁盛期のためにネタのストックもあるのだが、それにすら手をつけれていないので、もう少し長い目でお付き合い下さいませ。差し入れは蕎麦100%が夢の夢で、なければ身近な麦100%で。ああ、焼酎の話ね。どうも米麹はいけません。夢に羽ばたけ、掌サイズの伝説を作るぞ!……って、ルーキーズかっての。

|

« 天津飯をめぐる冒険 | トップページ | 何年ぶりかに「世に問う」気分… »

急を要するご挨拶。」カテゴリの記事