« いつでも演劇少年に戻らせてくれる街 | トップページ | 謹賀新年。そうそう、あの話を… »

2012年11月23日 (金)

復活の呪文は…ピンクのメモリー

どもども。はせです。お久です。4か月以上経ってますか…のんしゃらんと復活です。今回の「長いお別れ」には珍しくもっともらしい言い訳がございます。むろん「終わりなき日常」の仕事と、本来の面倒臭ガリが災いしてのことには違いないのですが、実は自分の中で、このブログを何とか自分の時間に、自分の習慣に組み込むための「ちょっとひと工夫」をしていたのです。そう、8月ごろかな。いまだに自宅でしかネットにアクセスできない環境なので「そうか、出先で気楽にブログ文章を書き溜めれるように、専門のメモリスティックを持ち歩こう」と発想し、失くさない様にピンクのものを購入し、せっせとネタを書き溜めていた8月末のころ、見事にそれを紛失し…(物書き経験のある人は判ってもらえるでしょうが、書き溜めた文章が消えたとき、もう一度あらためて書き始める時のなんと筆の重いことか)…このブログへの熱意も責任も、一気に冷め切っていたのです。もう2度と復活しない予感すらありました。もちろん行きつけのネカフェ、家の中、カバンはもちろん、路上やレッスン場、そのころ行った茶店まで、方々探したんですが見つからず、すっかりあきらめておりました。そして大阪・富田林で「やみぐも」の最終公演してる最中の楽屋で、不審なメールを受信(はしぐちさんが一時的に繋がる様にしてくれてね)しました。それが、愚息と2人で(カミサンに内緒で)遊びに行った某ボウリング場からのモノで「お尋ねしたいコトがある」との内容。もしやと思って電話して、このピンクのメモリーが戻ってきた次第です。そこの支配人が「本来ならば警察にさっさと届けるんですけど、私も同じような経験があって、失礼は承知で中身を拝見しました。そこに保存の文章からペンネームを推察し、ネット検索したらお宅の劇団に行き当たりまして…」。まさに感涙しましたね。そんなに恐縮しないでください。ほんとにありがたかったんですよ支配人さん。てなわけで(実際入手してからすでにかなりの日数が経ってますけどね…)ブログ復活です。メモリ内の文章はかなり賞味期限が切れてるものもありますが、何とかアレンジして、少しでも更新の頻度に反映したいと思います。最後にちゃっかり…マキノノゾミ作の「KANOKO」の「みんなのリーディング公演」が迫ってます。ウチの小関や以前客演の柿野君も含め、総勢30人で描く大正&昭和初期。岡本かの子、岡本太郎、芥川に川端、とっても楽しい舞台です。リーディングとは名ばかりの、アクティブな作りになっています。自分で言うのもなんですが、外部演出として、かなり本気で、労苦を惜しまずトライしています。12月1日(土)の15:00から、一回だけのステージなので、どうかお見逃しなく。ではではまたね。ほんとに近々書くからね。あ、そうそう、「KANOKO」は名古屋市芸術創造センターです。よろしく。差し入れは焼酎で。米以外ね。ではでは、これから広島に行ってきます。

|

« いつでも演劇少年に戻らせてくれる街 | トップページ | 謹賀新年。そうそう、あの話を… »

生活のつぼやき」カテゴリの記事