« 階段三段落ち…菊さんに支えられた気がします。 | トップページ | 空元気も一つのポジティブってワケで… »

2014年6月30日 (月)

不自由さに伴う考察習慣…ってか?

まいど。はせです。「ディラックの花嫁」大阪公演に向け、明日がトラック積み込み、明後日から小屋入りです。昨日、このターンの最終稽古を終え、パンフも販売台本も作ったし、ほんのわずかないわゆる「凪の時間」にコレをしたためています。とはいえ午後からは大学の授業と病院が待っているのですが…。病院は眼科ではなく整形外科。そう、ナナツデラの客席から転げ落ち、足にヒビが入った件ですね。いまだにちょっと油断して歩行すると激痛が走り、重いものは持てません。いい加減足を引きずる生活にも飽きてきたんだけど、こればっかりはなぁ…。怪我した直後、アパートの同じ階のきれいな奥さんにエレベーターであった時、すんごく心配してくださった会話の最後に「でも中途半端なヒビが一番時間掛かるんですよねぇ」と悪意なくおっしゃって下さったのは、どうやら本当のコトのようです。では、怪我にまつわる「生活のつぼやき」を羅列します。

①「買い物はコンビニよりもスーパーをチョイス」……この理由は至ってシンプル。買い物用のカートがあるから。足への負担がぜんぜん違います。お年寄りがよく自前の荷押し車を利用している気持ちを手にとるように実感してます。それでも運悪く車輪の調子の悪いカートに当たると、ちょっとした斜めの動きが制御できずにとても疲れます。古いスーパーなどで、微かに地面が傾斜してると、どんどん僕自身が斜めに動いていってしまいます。昔、劇団の移動公演で、レンタカーを借りる金を惜しんで知り合いの古いトラックを借りて移動してたとき、パワー不足のため高速道路のちょっとしたアップダウンに敏感になりました。あれを思い出しました。

②「車のロック解除を慌ててはならない」……とにかく歩行速度が遅いので、いつもの感覚で15メートルほど前から解除のスイッチを押すと、盗難防止の安心設計のため、車にたどり着いてドアを開けるまでに、自動でロックが掛かってしまいます。懲りずに3度ほど経験。名古屋音楽大学に通うとき、駐車場と学校の間に片側1車線の結構車の通る道路があるのですが、ココを渡るときも命がけ。いけると思って動き出して危うく轢かれかけたり…。なにせよくご老人に追い抜かれたりしてますから。

③「やたら地面の状態が気にかかる」……右足の小指の延長線上のいわゆる甲の辺りのヒビなので、体重が外側に掛かると痛いのです。足を任意にホールドできるサンダルを買って何とか生活してるのですが、それでも舗装の悪い道は要注意。間違えて外側で小石を踏んだりしたら悲鳴を上げます。砂利道なんてもってのほか。もちろん柔らかいマットなんかも警戒に値します。

④「近未来の行動予測が欠かせない毎日です」……階段は登りよりも下りのほうが数段痛みを伴います。人目がなければ降りるとき、後ろ向きに一段ずつ歩んでいます。ウチのアパートはメゾネットタイプなので、2階のリビングと1階の仕事部屋との間を移動するときなど、一つでも忘れ物をしたらまずいので、数時間後までの行動予測をして、いろいろ考え、持ち物を確認して階段を上ったり下ったりするようになりました。まあ、でも、そんな準備万端な時に限って、下に降りてきた瞬間に、尿意に気づいたりするのです(ちなみにトイレは2階ね)。もうこの世の終わりな感じです。外出時のトイレなども、和式はどうにも無理なので、空いてそうなそうなスーパーをルートに入れておきます。

⑤「ありがたい善意もあれば、かなり迷惑なモノも」……足元の包帯って意外と気づかれないモノですね。びっこも、平均1歩半。2歩歩いてやっと気づく人が多いようです。先日スーパーで、レジの列に並んでいたら3つ離れたレジを、おばちゃんが再開させて「2番目の方こちらへどうぞ!」と言いました。僕は移動が嫌で聞こえないフリをしていたら、「2番目の方! そののお客さん。メガネのお客さん!」としつこく結構大きな声。仕方なくびっこで進んでいったらそれに気づいて急に恐縮して「あああ! すいません、どうしましょう!!」と、これまた人が振り返るほどの大声。そしてあからさまな特別扱い。商品をレジ袋に入れてくれたり、カートを台まで運んでくれたり…僕はむしろカートに掴まっていたいのに…車まで運ぶという彼女を何とか思いとどまらせるのにかなりの労力を使いました。

……他にもいろいろな細かい生活の知恵に囲まれて、それなりに生活しているのですが、昨日、愚息が野球の試合中に手首を骨折して、中学最後の大会を目前に、試合に一切出られなくなりました。今朝、足の不自由な父と、手の不自由な息子で、お互いをかばいあいながら朝の準備をしてまして、一段落付いたので息子に「今一番の望みはなんだい?」と聞いてみました。試合とかゲームとか食い物を予想してたのですが、ぼそりと一言。「1ヶ月半があっと言う間に過ぎて欲しい」。ちなみに1ヶ月半はギブスが取れる予定日数です。うーん、判る判る。……そんなこんなで、何かと不運続きなのですが、頑張って大阪にトラック運転していきますので(前にも書いたけど運転が一番楽なのさ)よろしくお願いいたします。ああ、それと…前回の記事で、亡くなった竹内菊さんの年齢を「傘寿を超えて」と記載してしまいましたが、享年87才でした。公演のタイトルからついつい早とちりしました。つつしんでお詫び申し上げます。ではでは皆さん。大阪は心斎橋・ウイングフィールドで。

|

« 階段三段落ち…菊さんに支えられた気がします。 | トップページ | 空元気も一つのポジティブってワケで… »

生活のつぼやき」カテゴリの記事