« 2014年12月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年3月の1件の投稿

2015年3月24日 (火)

さらに延長!携帯なし生活~昨年度観劇ベスト5

3ヶ月ぶりでしょうか? ご無沙汰です。アナタのはせひろいちです。いきなり変なタイトルで恐縮です。実は1週間前に携帯電話を紛失し、まあ、よくあるんですが、その「失くし方」ってのが少し嫌な感じだったので、いつもより早めに通信不能(いわゆる緊急停止って奴でんな)にしていたわけです。んで関係者には「今使えないから自宅かパソコンに」って人伝えで流してもらって5日間経って「やっぱ出なかったね、人の善意を期待しすぎてもね」って思って(実は今までは必ず誰かが拾い、届けてくれてたのね)、いよいよ限界だなと思って、警察に紛失届けの番号もらって、いよいよ明日の朝一でソフトバンクに予約入れ、新しい携帯を番号変わらずで入手する手筈だったのですが、今になって豊橋の警察から連絡あって、「1時間前に発見されました」って…。これにより、携帯会社の盗難保障パックの権利がなくなり(機種変だとかなり高い…)、豊橋からブツが届くのに時間と手間がかかります。つまり僕の携帯の事実上の復活は、かなり先送りになりそうです。引き続き、僕への連絡は、急ぎは自宅かパソコンにお願いします。とここまでが緊急告知です。まあ、時期的に急なコトは起き難いコロアイなのですが、逆に大きめの仕事を逃す時期でもあり…でもまあ、実は携帯を持たない毎日は結構快適です。3日目ぐらいから慣れてきますね。生活がシンプルで。行動とかにも慎重になるし。ダイアモンズに書き下ろした最新作(告知遅れて、すいません。先週終わりました…)の中で、通信が遮断された空間で登場人物が「まるで、ひと時代戻ったような感じだな」なんて、つぶやくシーンがありましたが、その祟りかも知れませんね。でもお陰で、読み残しの小説や見残しのDVDなどを観ながら、老後のプレ経験をしておりました。え? 5月新作の執筆? いやぁ、まだまだ…この逃避期間、あ、いや、熟成期間の粘りが大事なんですよダンアぁ。…てなとこで、毎年、数ヶ月遅れが恒例の、2014年、偏見に満ちた個人観劇ベストの発表に行きましょう。今年は「ベスト5」です。

①維新派 「透視図」

②作 : 前川知大/ 演出 : 小川絵梨子 「暗いところからやってくる」

③西瓜糖 「じゃのめ」

④劇作家協会東海支部新人同盟 「うまくいえない」 

⑤桃園会 「覚めてる間は夢を見ない」

…いつもながら、ざっくりしたデータですいません。勝手にいろいろ検索して下さいませ。次点は挙げだすときりがないのですが、よりざっくりと、サザンの民芸さん、アトリエのB級さん、天白の名芸さん、島根の亀尾さんトコ、辺りでしょうか? あくまで個人的な趣味のオンパレードですので、根に持たないでくださいませね。どうも春は、衝動買いの欲望に勝てず、いろいろ散財傾向です。その件、また次回にゆっくり。いつのコトだか。意外に書き込みが早かったら、それは、それこそ、新作の逃避行為なのかも知れませんね。そうそう。新作のタイトルは「さよならウィキペディア」。5月末に名古屋大須・七ツ寺、6月末に大阪ミナミはウイングフィールド、7月末に下北沢・スズナリです。よしなによしなに。良い席はお早めに。まだ一行も。だって、そもそも粗筋が…

 

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年6月 »