« そうか…蚊だったのかもしれない… | トップページ | うそ、半年ぶりだって?…あ、干支が猿って今気づいた… »

2015年8月31日 (月)

夏の書斎、今年も扇風機だけで何とか…

夏がゆっくりと去ろうとしています。もう少し駆け足でもいいんだけど、夜とかむしむししてるしなぁ。何だか3カ月更新ペースの呪縛から逃げられてないのですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 貴女のはせひろいちです。「さよならウィキペディア」の3都市公演ご来場の皆様。ありがとうございました。差し入れで頂いた食料やアルコールで何とか夏を乗り切りました。いやいや結構マジで。さて、まずは……先日、劇団名芸の栗木さんが他界され、お通夜に行ってきました。栗木さんには、皆が知っている以上に、仕事上、いろいろお世話になりました。貴重な本を「もう僕がもっているよりは」とごっそり郵送していただいたり、行政の機関誌の取材でご自宅を訪問した際には「くたばる前に、そろそろかと思って話を聞きにきましたね」と笑顔で迎えていただくなど、今にして思えば死期を…なんてエピソードばかりですが、どうか安らかに。劇団のこと、プロレタリア演劇のこと、ご家族のこと、いろいろ聞けて、文章にできて幸せでした。最後まで「劇団らしい劇団」を貫かれ、お通夜も実に質素でしめやかで、「栗木さんらしい」お別れでした。ご冥福をお祈りいたします。みんな逝っちゃうなぁ。まあ、人類の歴史の中、今まで死ななかった人は誰もいないのだから、それ自体をどうこう言っても詮無いことだけど、人の死を、安易なドラマの道具立てに使うことはやめようよ、なんて思いつつ、今書いてる3人芝居がお通夜のギャグシーンから始まるものだからどうにも筆の進みまで湿りっぱなしでいけません。いやいや言い訳にするのもいけません。久々のこの書き込み、明るいネタのストックは山積みなんだけど、さすがに次回に回すとして、今日はこれから、あっという間に1年経ってしまった深津さんのお別れ会に行ってきます。ではまた。いやいやホントに近々に…。

|

« そうか…蚊だったのかもしれない… | トップページ | うそ、半年ぶりだって?…あ、干支が猿って今気づいた… »

永いお別れ」カテゴリの記事