« 2017年4月 | トップページ

2017年6月の1件の投稿

2017年6月22日 (木)

別段、祝う年でもないので…ちょっと待ってみましたとさ(汗)。

1960年生まれですので、実に判りやすいわけです。そう、本日が57回目の誕生日。今これ書いてるのが15時少し前なんだけど、家族はまだ思い出していないみたい。フフフ。これがまたある種の快感でして、うーん自虐的…。カード会社やネットショップ系の外にも、温かいメールをくれた数名の方々、ありがとうございました。もちろんこの文をアップするのは家に帰ってから。ギリギリ今日の日付中を狙います。6月生まれってのが微妙で、年の頭に「今年はいよいよ57歳か」といったん覚悟してるので、てっきりもう57歳だと思って生きていました、つい先日まで…。新作「月読み右近の副業」の大阪公演の集客がヤバいって話になって、そうだココで宣伝しようと思っていたのにさ、ついついパソコンに向かえず、まあ、何とかいつも通りの観客の数が出て、胸を撫でおろしていたんだけど、お礼かねて書こうと思ったら、いかにも誕生日近くて、催促するみたいなのも嫌なので、今日まで書き渋っていました。いろいろあった大阪は、実にあっという間でした。音響の劇団員・松野氏が仕事で大阪初日が来れなくなったので何年かぶりにオペレーターをやったり、なのに、仕込み日が中島陸郎さんの命日だったので小堀さんと深夜まで飲みまして、アフタートークゲストの佃さんと約束通り明け方まで接待麻雀をして、楽日には咲田への苦手なサプライズ演出と、受験生の愚息が劇場へ一人でやって来るのにドギマギして、激動のバラシの後、トラック転がして帰宅…。いやあ疲れました。金曜夜、担当最後のオペで、ラストの1曲を間違えて、ハッピーエンドをホラーにしてしまったのも、懐かしい思い出でございます。気の利いた差し入れを沢山ありがとう。いつもの面々が、いつになく作品談義を熱くしてくれたのも嬉しかった。大好きなコトリ会議の山本さんともお会いできたし、広田ゆうみさんとの読書談義も楽しかった。まあ、書き出すとキリがないのでこの辺りで。約1月を経て最後の東京公演です。ちなみに台本は7月号のテアトロにも掲載されていて、在京の人には「読んでから観るか、観てから読むか」なんて懐かしい宣伝ジャックも可能ですね。もちろん劇場でも販売する予定です。どぞ、よろしく。咲田とばこの劇団見納めも含め、そんなファイナル5ステージは7月28日から30日まで。今回初の下北・駅前劇場にて。名古屋の火田詮子さん、大阪の佃君と、今年はアフタートークの調子がなかなかいいのでこれもご期待です。7月29日(土)の夜、古い友人の大西一郎さんを迎え、咲田と3人でお届けします。んで、また本日ネタに戻りますが…誰が言い始めたのか「自分へのご褒美」とか言って、昼飯ぐらい優雅に行こうと思って、名古屋のレッスン仕事は夜からなのに、かなり早めに家を出たんだけど、ヒトは簡単には変われませんね。買い物ついでに国道沿いの行きつけの複合スーパーに寄ったのが運のつき、デリカもので昼を済ませ、ドトールでこれを書いている次第です。それでも精一杯の抵抗をと思い、普段は見向きもしない500円超えの中華弁当や鰻弁当なんかを眺めてはいたんですが、値引き率の高かった「おにぎり&蕎麦セット」に落ち着きましたね。あ、でも、井村屋の「やわもちアイス」が安かったので、わらび餅仕様を食べました。うーん満足。いい誕生日かも知れない。んで…今は23時46分。とりあえずアップしますね。

|

« 2017年4月 | トップページ